外国為替超入門

外国為替とは?

外国為替(FX)とは、外国の通貨を買売して利益を出す取引のことです。例えば、「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買い、円安で「1ドル=110円」になった時に手持ちの1,000ドルを売ると11万円となって1万円得をします。逆に円高が進み「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になって1万円損をします。

 

このように異なる2ヶ国の通貨を取引し、為替レートの差額分が儲けになる仕組みが「FX」です。各通貨の値動きを売買して稼ぐので、値動きが激しいときはチャンスと言えます。FXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり、外国為替証拠金取引を意味しています。証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できるのです。

 

外国との金利の違いでも利益が発生します。日本の金利が0.1%、とある外国の金利が5.0%だったとすると、その通貨を保有している間はその差額である4.9%の金利がずっともらえるのです。FX初心者は円高・円安を狙って利益を得るよりも、まずは低金利である日本と諸外国の金利差を利用して外貨を購入することから始めることで、少ないリスクで取引の経験を積むことができます。この2ヶ国間の金利差を「スワップポイント」と呼び、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができるのです。ちなみに、スワップポイントは毎日支払われるのでスワップポイントの利益のみを狙うスワップ派の投資家の人も多くいます。

 

同じ金融商品である「株」は9時から15時までが取引時間となっていますが、FXでは24時間取引が行われているので時間に拘束されることもありません。また、24時間いつでも取引ができるということから、仕込みや売買テクニックなどを活かすことができます。さらに手数料が株などの他の金融商品よりも格安であり、売りから入ることができるため、円安・円高のどちらの局面でも利益を出すことができるのです。

スワップポイントのことならこのサイト! → FX!高金利通貨でスワップ生活@外貨ブログ
スワップ金利で不労所得を目指しているじゃこさんのブログ。

為替レートについて

 

為替レートとは、日本と海外の通貨、または2ヶ国間の通貨を交換する時の取引価格のことです。「1ドル◯◯円◯◯銭」というのはアメリカの米ドル/円の為替レートを指します。

 

取引には「売手」と「買手」が存在し、その通貨を売りたい売手側と買いたい買手側が納得した価格に決められます。売手も買手も刻々と変化する世界経済の情勢やニュースなどをもとに売買の判断をしているため、為替レートは常に変動しています。この為替変動があるから取引で利益をあげるチャンスが生まれるのです。FXは株式市場などと違い、売手と買手の当事者間でレートや取引数量などの条件や要求が合致すれば、取引が成立します。これを相対取引と呼びます。市場では世界中の投資家が相対取引を行っているため、為替レートは同時に複数存在することになります。新聞やテレビなどで入手できる為替レートは“複数の市場参加者から情報を入手したものを公開している”参考値であり、必ずそのレートで取引できるというわけではありません。

 

為替差益とは、為替レートの変動によって得られる利益のこと、損失のことは為替差損といいます。例えば、1ドル100円の為替レートで10万円分のドル(1,000ドル)を購入したとします。その後、為替レートが変動して1ドル110円になったところでドルを売って円に戻すと11万円になり、1万円の為替差益が生じます。その一方で、その時にドルを売らずに1ドル95円の為替レートでドルを売った場合は9万5千円になり、5,000円の為替差損が生じることになります。

 

為替レートが変動する要因は様々で一概にこれとは言えませんが、大きい理由は3つあります。1つ目は各国の経済指標です。経済指標と一言でいっても、それが示すものはGDPの伸び率、失業率、インフレ率、再生収支など、色々なものが構成しています。特に経済大国であるアメリカの経済指標は為替レートに大きな影響を及ぼします。2つ目は金利です。一般的に低金利の通貨は評価が下がり、為替レートが低下します。逆に高金利通貨は評価が上がり、レートが上がりやすいと言われています。3つ目はテクニカル要因です。テクニカル要因とは投資家が過去レートの値動きを表すグラフを参考に相場を予想することです。プロのディーラーや大きなヘッジファンドは精度の高いチャートを駆使して相場を予想しています。これらの行動が為替レートに大きな影響を与えます。

スプレッドについて

スプレッドとは、買値と売値の差のことです。例えばドル円が「89.11〜89.13」となっていれば、スプレッドは2銭、ユーロ円が「130.20〜130.23」となっていれば、スプレッドは3銭ということになります。最近ではレート表示が小数点3桁の業者も増えて来ているようです。米ドル円が「78.068〜78.073」でスプレッドは0.5銭、ユーロ円が「107.450〜107.459」でスプレッドは0.9銭となります。前述のFX業者よりも後述のFX業者の方がスプレッドが安いと言います。

 

FX業者は手数料として、このスプレッドの中から利益を確保しています。そのため、株式投資とは異なり「取引手数料無料」でも経営が成り立っているわけです。逆に言えば、「取引手数料」を取っているFX業者は2重に手数料をとっていることになります。

 

証券会社に支払う手数料は、このスプレッド分を含む場合があります。例えば2つの証券会社があるとして、A証券会社は手数料が往復で20銭、為替レートが105.50〜105.80(スプレッドは30銭)。B証券会社は手数料が往復で10銭、為替レートが105.30〜106.00(スプレッドは70銭)だとします。ここでいう往復とは、ドル買いをしてドル売りをするという一連の取引のことです。ドルを買ってすぐに売るとすれば、A証券会社の手数料は「20銭+30銭=50銭」になります。ところがB証券会社の手数料は「10銭+70銭=80銭」になります。結局、B証券会社の方が手数料が高いということがわかります。

 

スプレッドの意味をよく理解していないと手数料で損をしてしまうこともあるのです。現在、FX業者は低スプレッド化が激化しており、低いFX業者はたくん見つかります。初心者向けとアピールして手数料が高い大手FX業者が多いですが、初心者向けでないFX業者などはほとんどありません。証券会社選びは冷静に慎重に行いましょう。

FXの情報商材ならこのサイト! → クルップの情報商材レビューサイト!FX投資で使えるのは・・・

システムトレードとは

FXは円高・円安でも稼げる投資として知られています。円高の時に外貨を買い、円安で売れば良いからです。また、外貨の売りからでも取引が始められます。円安の時は外貨を売り、円高で買えば良いのです。このように聞くとFXは誰でも簡単に稼げるような気がしますが、FXもプロのトレーダーがいる世界です。素人がそうヤスヤスと儲けられるわけがありません。では、素人のトレーダーはどうしたらよいのでしょう。そこで登場するのがシステムトレードによる自動売買です。

 

システムトレードはいくつかの売買の規則を決めてコンピュータに登録し、それに従って投資を行うことです。プログラムを組んで売買を行うこと自体はアルゴリズムトレードともいいます。売買は基本として自動的に行うので、システムを稼動させている間はそこに自分の心理状況が入り込む隙はなくなり、1回1回のトレードに一喜一憂することもなくなります。個々のトレードでは、勝つこともあれば負けることもありますが、決められた期間で最終的に利益が上がるようにできていれば、そのシステムは成功したといえるのです。

 

FXを始めたばかりの初心者は、1つ1つの取引に一喜一憂し、心理的にかなりの負担を強いられます。仕事を持ちながらFXをやっている方は、疲れている時や精神的に不安定なときに取引をするのは想像以上に忍耐力が必要です。システムトレードを利用すれば、そういった余計な不安要素を取り除くことができるのです。また、初心者ではなくても、これまでの相場経験からどうしても損切りや利益確定の判断が鈍ってしまうことが多いと感じている人、自分の勘や判断だけでは投資効率がうまく上がらない人などの上級者にとっても、システムトレードは強い味方になってくれる可能性を秘めている投資手法なのです。

自動売買のことならこのサイト! → FX自動売買で投資生活@無料のシステムトレード口座比較!

レバレッジの計算方法

FXでは証拠金という一定の資金(担保金)を預け入れることで実際よりも大きな金額の取引ができます。この少ない証拠金で大きな金額の取引をすることをレバレッジ取引といいます。レバレッジとは「テコの原理」という意味です。レバレッジの計算方法ですが、外貨預金はレバレッジ1倍の外貨建て金融商品という言い方ができます。外貨預金では1ドル=100円の時に1万ドルを買うと100万円の投資金が必要になりますが、これがレバレッジ1倍の状態です。

 

FXで証拠金10万円を入金し、1ドル=100円の時に1万ドルを買えばレバレッジは10倍です。20万円を証拠金で使えばレバレッジは5倍になります。レバレッジ計算は一度覚えれば非常に簡単です。FXの魅力は、証拠金額で自由にレバレッジ率の大きさを変えながら、リスク・リターンの大きさを変えることができるということにあります。これからFXを始めようと考えている投資家の方はレバレッジを重要視し、この計算方法をマスターしておいたほうがいいと言えるでしょう。レバレッジの計算方法をわかりやすい式で表すと「レバレッジ倍率=レバレッジ1倍相当の金額÷証拠金額」となります。

 

レバレッジ倍率の大小で投資金(証拠金)に対する収益率も変わってきます。例えば、レバレッジ10倍でドル円1万ドルを買い、為替レートが1円下がった場合、この時の損失は1万円です。つまりレバレッジ10倍で1円下がったときの損失は投資金に対して10%となり、10円下がれば投資金10万円はなくなるなります。同じようにレバレッジ25倍で取引をすれば必要な証拠金は1万円、1円下がれば1万円の損失となるので投資金に対する損失は100%となります。

 

このようにレバレッジの大きさで損失の金額が決まってくるわけではありません。あくまで証拠金に対する損失の割合が決まってくることが理解してもらえるものと思います。たとえ外貨預金であっても、同じように1円下がれば1万円の損失は出るのです。